読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

一番人気!「はとバスいちご狩りツアー」に行ってみました

人生は旅である

 

 先日日帰りはとバスツアーに参加してきました!

 

参加したのはこれ!▼
 
このツアー、以前ヒルナンデスで特集が組まれたことがあり、はとバスも一押ししている大人気のツアー。
 
私が参加した曜日は、同じ駅からだけでもこのツアーのバスが3台もでていました。
集合は都内のバスターミナルに8:10と少し早め。
バスの座席には、日程表。こんなの▼
f:id:lyricstravel:20150321223616j:plain
 
栃木県のイチゴの里まで、東京→埼玉→群馬→栃木と経由して約2~3時間で向かいます。
 
行った日は、朝は雨模様だったのですが、現地に到着した頃には、すっかり小春日和になってくれました^^
 
まず、最初に楽しんだのは栃木県にある「いちごの里」でのいちご狩り。

f:id:lyricstravel:20150321234338j:plain

▲イチゴの里入り口

 

f:id:lyricstravel:20150321233944j:plain

 ▲当日は、薄着でも良いくらいのポカポカ陽気でした♪
 
 
 
f:id:lyricstravel:20150321223751j:plain
▲イチゴ狩り用のビニールハウスが100個ほど並んでいます!
 
バスが園に到着すると、さっそくイチゴ狩りに案内されたハウスへ。
f:id:lyricstravel:20150322114959j:plain
▲バスからハウスへ移動。
同じバスの参加者には、カップルから女子4人グループ、お子さん連れまで様々でした。
 
ハウス入り口で、”へた”を入れるためのカップが渡されます。
 
f:id:lyricstravel:20150322115206j:plain
▲想像していた様子と違い、足元にイチゴがなっているので、いちごを取るには少しかがむ必要があります。また、人でハウスが埋まるため、隣のイチゴのウネに行くのに大股でまたぐ必要があります。
私も、スカートで来てしまったため、ちょっと後悔。。。
 
 
f:id:lyricstravel:20150321223809j:plain
▲この写真は全部熟れてませんが、いちごはその名の通り1〜5月がシーズンということで、ちょうどそのど真ん中の3月はちゃんと熟れてるものが多かったです^_^
 
 
f:id:lyricstravel:20150322114924j:plain
▲ぱくり。
 
 
さすがとちおとめ。
甘くてとても美味しかったです。ちなみにこの園では、味に自信があるため練乳は用意してないとのことでした。
 
バスガイドさんによると、美味しいイチゴの条件は3つ。
1、ヘタがくるんとなっている
2、キレイな赤色
3、三角ではなくひし型の形をしている。
だそうです。
ただ、いろいろな形をしているものを食べましたが、生き物なので正直当たり外れは多々ありますw
それもイチゴ狩りの楽しみですね。
 

f:id:lyricstravel:20150321223849j:plain

 
f:id:lyricstravel:20150321223836j:plain
園内には、かわいい動物もいたり、レストラン、ショップもあるので、ツアーでなければのんびり半日は過ごせそうでした。
 
再びバスで1時間ほど移動。
 
ランチは次の目的地、日光東照宮そばにある「日光カステラ本舗」3Fにある磐梯というレストラン。
 
お料理は、いかにも団体用に用意された感じで、あまりの流れ作業具合に。囚人あつかいされているかようなお昼でした。
f:id:lyricstravel:20150321223910j:plain
ランチの一部。大きなおわんにいろいろ鍋用の具材がつめられてました。味は、、、、まずくはないですが、期待しないほうがいいともいます。団体ツアーでコスト管理もあったりするので、仕方ないのかもしれません。ただ、正直はとバスさんは、いろいろとしっかりしているイメージだったので残念ではありました・・・
 
さて、さっくっと昼食を食べた後は、世界遺産でもある日光東照宮へ!
やはり、ここは雰囲気も違い、よかったです。また、行った当日は、もちろん週末だったため混雑していましたが、東京の混雑に慣れている人はそんなにひどいと感じない程度だったと思います。
散策時間は交通状態に合わせて、2時間前後になるようです。
 
 
 
f:id:lyricstravel:20150321224013j:plain
▲入り口
 
f:id:lyricstravel:20150321224056j:plain
▲しばらく行って門をくぐると、きらびやかな世界が広がります。
f:id:lyricstravel:20150321224031j:plain
▲有名な、見ざる、聞かざる、言わざる。
 
f:id:lyricstravel:20150321224115j:plain
▲この建物は、本当に煌びやかでした。
 
f:id:lyricstravel:20150321224132j:plain
▲有名な「眠り猫」
f:id:lyricstravel:20150321224147j:plain
▲写真では分かりづらいですが、「眠り猫」の裏には通常猫が食べてしまうはずの鳥が2匹舞っています。これが、平和の象徴とされています。
 
f:id:lyricstravel:20150321224224j:plain
その上にある長い石段を登ると・・・【結構きついので、歩きやすい服装と靴をおススメします)
 

f:id:lyricstravel:20150321224237j:plain

 ▲徳川家康公の亡骸が安置されています。
とても厳かな雰囲気が漂っていました。
 
f:id:lyricstravel:20150321224305j:plain
▲お花の隣には、「願いがかなう木」があります。
 
f:id:lyricstravel:20150321224318j:plain
▲龍の何声が聞こえる薬師堂。
心の綺麗な人だけが、聞こえると言われています。
とても、綺麗な泣き声でした。
 
f:id:lyricstravel:20150321224334j:plain
▲二荒木神社にある夫婦杉。パワースポットです。
杉の木とならの木が交わっていることから「すき なら 一緒」ということで夫婦杉として祭られています。
 
 
f:id:lyricstravel:20150321224350j:plain
▲歩いていたら、石畳にハートマークを見つけたので撮りました。
ぜひ、足元も見て歩いてくださいね♪
 
f:id:lyricstravel:20150321224408j:plain
▲ツアーのおススメでもあるイチゴスイーツ食べ放題。
お昼を食べたお店の同じ系列店舗がすぐそばにあり、そこに集まってためました。ただ、デザートはまだしも、想像以上に雰囲気が女子の好きなスイーツ食べ放題と言った感じではなく、利益目的で押し込まれた2階で紙皿でテーブルもなくデザートを食べるという雰囲気でした。
以上、ツアーのハイライトは終わり。
 
帰りは、羽生駅までトイレ休憩がないので、しっかりと出発前に済ませましょう。
また出発前に、お土産でイチゴシュークリームとお水もいただけます。
 
f:id:lyricstravel:20150321224428j:plain
羽生駅は江戸時代風にリニューアルされてます。
 
羽生駅から2時間弱で、東京駅へ。
行きの駅とは異なる東京駅での解散となりました。
 f:id:lyricstravel:20150322202211j:plain
 
 イチゴ狩りツアーと言うともあり、普通に楽しめたのはイチゴ狩りと日光東照宮での自由散策で、その他昼食とデザートバイキングはおまけ程度だと思って参加すれば、楽しめるツアーです。
 
一年に一度の春。せっかくなら欲張りに楽しみたいですね^^