読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

新しいMacBookゴールドを IT音痴がさっそく買って使ってみた感想

IT系ネタ 日々のコネタ
 
2015年3月10日にappleから公式発表があり、4月10日に発売とされていた12インチの新しいMacBook。カラーは、ゴールド、スペースグレー、シルバーの3色。
お値段は、148,800円(税別)からです。
 
 
私は、事前に予約しており、10日に入手できると思ってルンルン気分で大手PC販売・買取店PCデポさんに行ったのですが、当日お店に行くと、
 

「あー、10日出荷でうちに届くのは12日くらいですね」

 
と店員さんの一言。
 
「ええええええ!・・じゃあ予約したときに教えてよ〜」
 
と心の中でぼやきつつ、結局12日に再び取りに行ってきました。
 
いずれにせよ、本日12日New MacBookを無事にゲット♪
 
 
ところで、新しいMacBookは、 MacBookAirや今までのMacBookとどう違うのでしょうか?

 

 
Apple.com  は、新しいMacBookについて下記のように述べています。
新しいMacBookとともに、私たちは不可能だと思えることに挑みました。これまでで最も軽く、最もコンパクトなMacのノートブックに、フルサイズの体験を与える、という目標です。それは、すべての要素をより軽く、
より薄いものにするだけでなく、より優れたものにすることを意味しました。
だから私たちは、すべての要素を一から考え直したのです。その結果、
一台の新しいノートブック以上のものが生まれました。ノートブックの未来です。
 
このコメントの通り、定員さん曰く、一番薄く小さいとされていたMacBookAirよりさらい薄く小さめとのこと。また、キーパッド、トラクパッドの使用が変更されたとのことでした。
 
正直、ITに疎い私にはまさに”宝の持ち腐れ”と思いつつ、使ってみました♪
 
▼開ける前の箱はこんな感じ。以前買ったiPadの箱のサイズと同じくらいで、気持ち重さもこちらの方が軽く感じたほど、PCと思えない小ささ、軽さでした。
f:id:lyricstravel:20150412185859j:plain
 
▼薄さはこんな感じ。とても薄いです。カラーはゴールドを選びました。ただ、ゴールドカラーはアングルや光加減でシルバーぽくも見え控えめな印象。写真ではあまり「ゴールド」って感じしませんね^^;
f:id:lyricstravel:20150412185919j:plain
 
▼フィルムで厳重にPCの本体が一周包まれていました。(この写真だともはやシルバーに見える・・・)
 
f:id:lyricstravel:20150412185932j:plain
 
▼内容はこんな感じ。appleはいつもシンプルでハイセンスな印象を与えてくれいます。
f:id:lyricstravel:20150412185945j:plain
 
 
▼さっそく、起動。ウワサどおり、キーがすっごく薄いのです!!見た目以上に薄く、実際にタップするとその薄さがわかります。
f:id:lyricstravel:20150412190003j:plain
 
 
▼もろもろ設定が終わり最初に開くページはこれでした。なんだかわからないアイコンが下のほうにずらっと。しばらくはサファリくらいしか使わないんだろうな。
f:id:lyricstravel:20150412190025j:plain
 
 
▼やっぱり薄い。しかも軽い。カフェでよく使うことがあるのですがiPadではできないこともあり、かといってMacBookProは持ち運ぶには重すぎるので、このサイズはとても助かります。
f:id:lyricstravel:20150412190037j:plain
 
さっそく、このブログを書くのに使ってみました。
 
まず、初期設定。
私自身IT企業の広報ながらITにはとても疎いのでいろいろ不安でしたが、無難にこなせました。
(よくわからない設定は取り合えす"後で"を選択しました^^;)
 
しかし!
まずブログを書くのに日本語を打とうとすると・・・出てこない・・いつもなら右下とか上とかに言語を選ぶ設定があるのに・・
キーパッドを見るとキーに「かな」と書かれたキーが。
「コレに違いない!」
"タップ!!"
がしかしやっぱり日本語にならない・・
「押し方が甘いのか?」(キーボードが薄いためなおさら・・・)
と思い、もう一度強めに
"タップ!!"
でもやっぱり日本語が打てない・・
Mac特有のコマンドキーと一緒に押すのか?はたまたShiftキーか?」
どれを試してもダメです・・
でも、そこはMac
設定らしきところを見ると、素人にもわかりやすく"言語" "キーパッド"など設定できるところが。
なんとか無事にこのように記事を書けるまでに至りました。
 
さて、それでは以前自分が使っBookPro(2010年もの)との変化で気づいたことを勝手にまとめてみます。(比較対象が古くて&種類も違ってすみません・・・)
 

軽い

これは、すでにいろいろなところで言われており、上記にも書いてあるので言うまでもありませんが、やっぱり、薄くて軽いのはありがたい。

ちょっと重めのA4ノート(ジャポニカ的な・・)位の感覚で今後は持ち歩けそうです^^

 

キーボードがすごく薄い

もちろん新しいMacBookの薄さ”13.1m”を保つために必須のことではありますが、初めての感覚すぎて慣れませんw
例えて言うなら、ディスプレーの画面タップになれないおじいちゃんおばあちゃんが、ボタンを押す感覚で押そうとして、戸惑う感じのような・・・
別の例えで言うなら、新しい車、もしくは海外で慣れない右ハンドルを運転し出したときのような、ちょっと体がこわばって緊張する感じで現在タイピング中です。
というのも、すでに慣れているはずの”キーボーを深く押す(車で言うなら慣れている車の運転)”という感覚が染み付いているため、無駄に強く打ってしまい肩が凝りそうなくらいこの薄いキーボードを打つのに違和感と緊張感を感じています。
 

スクロール方法の変化

普段使っているPCは、スクロールバーが右側に常に出ていますが、なぜかでていない・・
見てみると、デフォルトの設定で二本指でトラクパッドに触れるとスクロールされる設定になっていた様子。
また右のスクロールバーも、一回タップするまで表示されないため、慣れるまで時間がかかりそうです。。(設定で変えられるのかな??とりあえず放置w・・・)
 

ポートが電源とUSBを兼ねている

これ、買ったあとに気付きました。(いかにもIT音痴・・)
f:id:lyricstravel:20150416191303j:plain
つまりUSBとのコネクタを常に持ち歩かないといけないことになるんですね。
 

調べて見ると今までにない新しい企画で「USB-Cポート」という仕様が採用されています。ただ、どうも今までのUSBを使いたい場合は別途一万円前後のアダプタを買う必要があるらしいです。15万円以上するのだから、その位つけてくれてもいいのになーAppleさん(o^^o)

 

 (▼とりあえず、手頃なもので対応してもいいですねw)

 

でも、これがまさにappleが今後作っていく未来への第一歩なのかもしれません。

 というのもappleも下記のように述べています。このMacBookは、今後はクラウドで連携することでワイヤレスな時代を想定してのつくりになっているようですね。

ワイヤレスな世界のために完全装備。

新しいMacBookは、ワイヤレス化がますます進む世界に手間なく対応できるように設計されています。最新のWi-Fi
Bluetoothワイヤレステクノロジーを最大限に活用したAppleのソフトウェアがあるため、あなたがノートブックでする
ほとんどすべてのことは、ワイヤレスでできるようになりました。インターネットに接続する。ファイルを転送する。
写真を整理する。音楽を聴く、などなど。どこにいても、ケーブルに縛られることなく、あらゆることを行えます。

 

 

ネットの書き込みで、PCに詳しい人たちがすでに使用しており、この新しいMacの使用感について
 
・バッテリーの持ちが10時間と書いてあったが実際はそんなに持たない
 
・キーパッドになれずつかいずらい
 
・未来のPCっぽすぎてまだ欠陥が多い
 
・値段が高ずる
 
・USBを直接させないなんて使いずら過ぎる
 
などなどありましたが、個人的にはこの薄さ、軽さへの感謝と、(ミーハーに)今までのMacBookシリーズで初となるゴールドを使えるという嬉しさは変わりません(0^^0) というか、いろいろと未来っぽいつくりだなと、IT音痴ながら感じました。
 
機械音痴でもある私ですが、頑張って慣れていきたいと思います。
 
appleウォッチも発売され現在注目が高まっているアップル社ですが、スティーブ・ジョブズが永眠した以後、一体どのように変わっていくのか引き続き注目度が増しそうですね。
 
 

 <関連記事>

▼アメリカのサイトで話題となっていた記事で、面白そうなものがあったので、を頑張って和訳してみました。

lyricstravel.hatenablog.com