読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

ダノン「オイコス」、森永「パルテノ」、さらに明治「ブルガリア濃くておいしいヨーグルト」まで!定着しつつある濃厚系ヨーグルト比較とその歴史について。

おいしいもの
以前、同じ濃厚ヨーグルトとしてPRされていたダノン「オイコス」と、森永乳業「濃厚ギリシャヨーグルトパルテノ」ついて比較しました。
 

 記事はこちら▼

lyricstravel.hatenablog.com

 

しかし!

 

 さっきセブンイレブンに行って同じコーナーを見てみたら「オイコス」が消え、その代わりになんと株式会社明治の製品に「高密度ギリシャスタイル」の文字が!
 
「高密度ギリシャスタイル」マークはコレです。
f:id:lyricstravel:20150514130410j:plain
 
▼そのヨーグルトの正体は「明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト」。
f:id:lyricstravel:20150514124001j:plain
ダノンと森永のPRがギリシャヨーグルト界では目立っていたので、明治が後追い参戦かと思っていたのですが、調べてみると、ちょっと前から実はあったんですね。。
勉強不足でした(^^;)
 

【調べた限りでの日本におけるギリシャヨーグルトの歴史】

2011年9月1日:森永「濃密ギリシャヨーグルト PARTHENO(パルテノ)」発売
2014年12月2日:森永 「濃密ギリシャヨーグルトシリーズ」の販売エリア拡大
2014年12月9日:明治「明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト」シリーズ発売でギリシャヨーグルト業界に参入。
2015年3月23日:ダノン「オイコス」シリーズ日本上陸。
 
森永が独占的に2011年から販売をスタートしていたのは、すごい。
先見の目が合ったのでしょうか。各地で、試食会などのイベントも行って積極的にPRしていたようです。
 
ちなみに、なぜ最近日本で流行りだしたかというと「ニューヨークでギリシャヨーグルトが流行りだし、その影響を受けたから」という説が有力のようですが、このように森永さんが地道に全国でギリシャヨーグルトのおいしさをPRしていたことも影響したのかもしれません。

 

さて、というわけで、「明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト」を買って食べてみました。
 
 
 ▼「明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルトレアチーズ」
(セブンイレブンで税抜き135円で購入)
f:id:lyricstravel:20150514124019j:plain
このシリーズは、バニラとレアチーズの2種類を展開しているようです。

f:id:lyricstravel:20150514141407p:plain

 

 
 
 ▼成分
f:id:lyricstravel:20150514124037j:plain

【明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルトレアチーズ(1個:85gあたり)】
エネルギー:125kcal
たんぱく質:4.6g
脂質:7.4g
炭水化物:10.1g
ナトリウム:47mg
カルシウム:150mg

原材料:乳製品、砂糖、乳たんぱく質、香料、甘味料(スクラロース
 
 

せっかくなのでバニラの成分もご紹介します)

【明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルトバニラ(1個:85gあたり)】

エネルギー:139kcal
たんぱく質:5.0g
脂質:8.4g
炭水化物:10.8g
ナトリウム:40mg
カルシウム:167mg

原材料:乳製品、砂糖、乳たんぱく質、香料、甘味料(スクラロース

 
 
▼「高濃度ヨーグルトがほどける新食感」←どんな食感だ!?
f:id:lyricstravel:20150514124138j:plain
 
▼ふたを上げるとちょっと硬そうに見えるヨーグルトが。
f:id:lyricstravel:20150514124246j:plain
 
スプーンをさすと、そのしっかりした重みが伝わります。
f:id:lyricstravel:20150514124258j:plain
 
ギリシャヨーグルトで必ずやらなければいけない「スプーン返し」。
(実は一回落としましたがww、2回目はしっかりとつきました)
f:id:lyricstravel:20150514125201j:plain
 
味は、ほのかにレアチーズケーキの風味が広がり、とてもおいしかったです^^
 
ダノン「オイコス」、森永「パルテノ」、明治「明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト」は、どれも濃厚でおいしいので、後はお値段が下がったものが今後売れていくのかもしれません。
 
ただ濃厚度を★5つであらわすと、
森永「パルテノ」:
明治「明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト」★★★★
ダノン「オイコス」★★☆☆☆
といった感じでしょうか。
 
でも個人的には、継続的に食べるのであれば脂質0の「オイコス」を選ぶかな。
「オイコス」は、他の2シリーズと比較すると、1パックの量も少し多めで、「濃厚なのにさっぱりした味」といった印象です。
 
今度機会があれば、「濃厚ギリシャヨーグルトパルテノ」「明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト」のバニラ味を比較してみようとおもいます^^