読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

世界で5本の指に入る極上エステ体験。ベトナム・ハノイにある La Spa (ル・スパ) に行ってみた。

 
アメリカの旅行雑誌「Travel & Lesure」でトップ5に選出されたお墨付きのエステが、実はベトナムにあります。
 
それも、市民のバイクがクラクションを鳴らし行き交うハノイの街中に。
 
ベトナムを代表するホテル「ソフィテル・レジェンド・メトロポール ホテル (Sofitel Legend Metropole Hanoi」は、創業1901年の由緒あるホテル。
その施設内に作られたのが、今回訪れたLa Spa (ル・スパ)です。
 
 
ハノイ観光の基準「ホアンキムエ湖」側を左下方に歩いていくと、白い建物が見えてきます。
f:id:lyricstravel:20150518212320j:plain
 
▼同じくフィテル・レジェンド・メトロポール ホテルの施設で外に面しているカフェテラスは、ヨーロッパの街角のような雰囲気。
f:id:lyricstravel:20150518212409j:plain
 
▼入り口では、2台のレトロカーがお出迎え。
f:id:lyricstravel:20150518212429j:plain
 
▼入り口にいくと男女2人がドアを開けてくれました
f:id:lyricstravel:20150518212449j:plain
 

 

▼ホテルのロビー
f:id:lyricstravel:20150518212300j:plain
 
▼案内されホテルを通ってサロンの建物へ。
カフェやバーを抜けて行くのですが雰囲気がよく気分を高めてくれます。
f:id:lyricstravel:20150518212509j:plain
 
▼プールに出ると、どこの国に来たか忘れるほど多くの白人さんが水着でリゾートを楽しんでいました。ここだけは、ハワイかロサンゼルスのようでしたw
f:id:lyricstravel:20150518212527j:plain
 
▼白い建物がLa Spa (ル・スパ)です。
f:id:lyricstravel:20150518212331j:plain
 
▼常に会話の最後に「〜マダム」と付けてくるスタッフさんたちがお出迎え。

一番最初の入り口はこの一角だけで想像以上にシンプルでしたが白で統一されており綺麗でした。

f:id:lyricstravel:20150518212600j:plain
 
▼受付のディスプレイ。
 
f:id:lyricstravel:20150518213221j:plain
 
▼コースを選び、体調の記載、背術中に聞きたい音楽を選び終わると右の白い階段から上へ案内されます。
音楽は自分のiPodOKです。
f:id:lyricstravel:20150518212626j:plain
 
▼白い階段を上がると、ヨーロッパのお城にあるような椅子に腰掛けます。
f:id:lyricstravel:20150518212702j:plain
 
▼お茶が振舞われます。このお茶、後味に甘みと酸味があり、まるで美容ジューズのようでとてもおいしかったです!
そして、バラが添えてありました(コレは以外に使いまわされているのか、少しかれかけてたのが残念w)
f:id:lyricstravel:20150518212721j:plain
 
▼お茶を飲み終えると、エステティシャンが私の元へ。
若い女性がして食えるかと思いきや、実力派と思しきおばちゃんが登場。
そして、挨拶を交わした後、廊下の奥へ連れて行かれます。
カップル用の2つベッドがあるお部屋もあるそうですが、私は一人部屋へ。
(いつか誰かと来たいw)
f:id:lyricstravel:20150518212745j:plain
 
▼お部屋はこんな感じ。エステティシャンのおばちゃんが着替えるように促すといったん部屋を出て行きます。
f:id:lyricstravel:20150518213006j:plain
 
▼天井までオシャレです。
f:id:lyricstravel:20150518213021j:plain
 
 
▼これ、何だと思いますが?ちょっと恥ずかしいのですが・・・
女性でよくエステに行かれる方でも気付かないかもしれない・・使い捨てパンツす。
通常エステでは、紙っぽい白のぶかぶかのパンツが多いのですが、ここはちょっと生地がしっかりした黒いパンツ。
全部脱いでコレ一枚になります。
f:id:lyricstravel:20150518212950j:plain
 
▼その後、バスローブを羽織ります。
f:id:lyricstravel:20150518213043j:plain
 
▼準備が整ったら椅子でエステティシャンを待ちます。
エステティシャンが入ると、足をお湯につけて洗ってくれます。
f:id:lyricstravel:20150518213100j:plain
 
▼いざベッドへ。
うつぶせに顔を入れるところには、穴があるのですが、その下にバラを水の上に浮かべた容器がさりげなく、オシャレにおいてあります。
こういうちょっとした気遣いが、うれしいですよね^^
f:id:lyricstravel:20150518213124j:plain
 
エステタイム。
 
今回は、一番人気の60分アロマティックコースを受けました。
施術で思ったのは、「やっぱりコレは世界で5本の指に入ったサロンである」ということ。
カラダの筋肉や筋などを熟知しており、今まで体験したエステやマッサージの中で最高の上手さでした。
やっぱり、お金は質に比例するのかもしれないと、思い知らされた時でもありましたw
といってもベトナムなので日本のエステよりもかなりリーズナブルですが^^
 
▼施術後出てきたお茶は、最初のお茶と違ってフルーティーで甘みが強めのもの。
こっちのお茶のほうが好きな味でした^^
f:id:lyricstravel:20150518213148j:plain
 
▼最後は、階段をおり支払いをするため現実世界にもどりました。
f:id:lyricstravel:20150518213205j:plain
 
ハノイなら、約10000円で世界で5本の指に入るエステが受けられると考えると、ちょっと連休が取れたら、ソフィテル・レジェンド・メトロポール ホテル(Sofitel Legend Metropole Hanoi」にとまってエステを受けながらのんびり休暇を過ごすのもおススメです。

ちなみに、滞在している人にはエステのコースにサービスがつくようですよ^^
 
ぜひ、ベトナムに来た時はこの極上のエステを味わってみてくださいね。