読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

映画「しあわせはどこにある」から学ぶ、幸せになるヒント。〜幸せと愛を探す旅に出たら、君に戻る〜

どれだけの人が幼い頃を覚えている?

”自分は幸せか?”と悩むことなく

なんの不安もなかったあの頃を。

映画:しあわせはどこにある」より 

Hector and the Search for Happiness

映画「しあわせはどこにある」が、2015年6月13日から東京・渋谷のシネマライズ、新宿シネマカリテ、品川プリンスシネマなど全国で公開されます。
 
原作は、フランスの精神科医フランソワ・ルロールの小説『幸福はどこにある―精神科医ヘクトールの旅』。
監督は、「Shall We dance?」「マイ・フレンド ・メモリー」の監督監督: ピーター・チェルソム最新作。
 
 <あらすじ>
主人公のヘクター(サイモン・ペッグ)は、ロンドンで美しい恋人クララ(ロザムンド・パイク)と何不自由ない暮らしを送る精神科医。
ヘクターは、患者たちの不幸せな話を聞くうちに自分の人生の幸せは何かわからなくなってしまいます。
「幸せとはなにかさがすため、ヘクターは、中国、チベット、アフリカ、アメリカなどを巡る旅に出ることに。
そんな国々で様々な出会いと気づきを得ながら、本当の幸せとは何かを知っていくストーリーとなっています。
ヘクターを演じるサイモン・ペッグは。エドガー・ライト監督作品の常連で、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』でも主演と共同脚本を務めています。また、恋人クララ役を演じるロザムンド・パイクは、
『ゴーン・ガール』で『第87回アカデミー賞』主演女優賞にノミネートされた演技派。
 
予告編はこちら▼
 
飛行機の中で一足先に見たのでですが、「幸せに関するキーワード」が可愛らしい文字で登場していたのでご紹介させてください。

 

 
Happiness could be the freedom to love more than one woman at the same time.
(幸せとは、一人以上の女性を愛せることかもしれない。同時に。)
 
Sometimes, happiness is not knowing the whole story.
(幸せは、全部を知らないことがもしれない)
 
おそらく、僧侶の言葉。
More important than what we are searching is what we are avoiding.
(僕らが探しているものより大事なことは、僕らが逃げていること)
 
幸せについて聞かれた時の母親の答え
Question: What make you feel happy? 
(質問:何が君を幸せにしてくれる?
Answer: Home. If my family is not happy, how can I be happy?
答え:家族よ。もし私の家族が幸せじゃなきゃ、どうしてわたしが幸せを感じれるのよ?

 

 
Happiness is being loved who you are.
(幸せは、そのままの自分を愛されること)

 

 
Fear is an impediment from happiness.
(恐怖は、幸せの障害となる)

 

 
Listening is loving.
(聞くことは、愛することである)

 

 
All after the journey, I found unhappiness is the thought of lose you.
And happiness is to be the man you want to spend rest of your life with. 
(この旅に出てようやく気付いたんだ。不幸なことは君を失う事で、幸せなことは君が残りの人生を過ごしたい男になることだって)

 

 
映画「しあわせはどこにある」公式サイトはこちら▼

shiawase-movie.com

 

 

Hector and the Search for Happiness (Hector's journeys)

Hector and the Search for Happiness (Hector's journeys)