lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

しおれた花を蘇らせる意外な方法

先日TBSの番組「この差ってなんですか?」で、簡単に萎れかけたお花を蘇らせる方法を紹介してたのですが、意外なやり方だったのでブログでもご紹介させていただきます(o^^o)
 
まず、萎れかけた花の茎の先端を斜めのカットします。
 
f:id:lyricstravel:20150620213131j:plain
 
次に、茎の先端を10〜20センチくらいを残し、葉っぱや花の部分を新聞紙でカバーします。
 
カバーしたら、花瓶にお湯を用意します。(沸騰するくらいのお湯のようです)
 
先端をそのお湯に約30秒ほど漬け込みます。
 
することはこれだけ!
f:id:lyricstravel:20150620213140j:plain
あとは、カバーした新聞紙を取って普通にお水を入れた花瓶に入れて飾るだけ。
f:id:lyricstravel:20150620213218j:plain
 
面白いように、みるみる蘇り出すのです!
「この差ってなんですか?」では映像では早送りしてたのですが、本当に綺麗に「シュン」としてたお花が「キリッ」っと蘇ってました!
 
f:id:lyricstravel:20150620213231j:plain
 
 
でも、お花に熱湯なんて普通ならなんだかかわいそうな気がしますが、一体どんな原理なのでしょう?
 
「この差ってなんですか?」によると、高温のお湯につけることで茎の中の空気が膨張し外に追い出されるからだそうです。
f:id:lyricstravel:20150620213201j:plain
 
今度お花が萎れかけたら、ぜひこの方法を騙されたと思ってお試しください
 
梅雨のこの時期、お部屋だけはお花で明るく彩っておきたいですよね(o^^o)