読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

感動の輪が広がる歌「ちょっとちがう」

今朝、あさチャンで「ちょっとちがう」
という歌が紹介されていました。

歌詞は、
f:id:lyricstravel:20150722075419j:image

ちょっとちがう

わたしはみんなと

ちょっとちがう

ちょっと

しっぽが

みじかいし

ちょっと

ひげが

ながい

でもママが

「それでいいのよ」

っていってたの


作詞:こねこ ななこ
f:id:lyricstravel:20150722075339j:image

この曲、実は食物アレルギーのため学校給食の際亡くなってしまった少女が、自分が他のこと同じように給食を食べればいことを書いた詩とこのとで、今その詞の優しさが話題となっていそうです。

「この曲を聴いて、自分もみんなと違っていいんだと思えた」
同じ食物アレルギーを持つ子の親として希望が持てました
素敵な詞です。もっと多くの子供に届けたい

きっと、詞を作った子は自分の思いを何気なくかいたのかもしれません。
でもそれが、ご家族のお知り合いの方が歌をつけるという、ふとした周りの人の優しさで広まりました。
こねこななこちゃんの思いが、周りの人の思いを乗せて広まり、さらに多くの人の心を支える歌として話題になっている今回のお話。

もし、人との違いに悩んでいる人がいれば、そっと伝えてあげたい歌です。

[www.youtube.com/watch?v=gViexMjfwqQ:title]