読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lyricstravel

某企業で広報などしてます。日々の生活で気になったことを勝手気ままに綴ったり、洋楽の翻訳もしています。 ※文章力、英語力の甘さなどゆるく見ていただけると助かります。最近、JUGEMに音楽和訳を移行しています。「http://lyricstravel.jugem.jp/」

知ってて欲しい。バレンタインデーのあまり知られていないお話。

日本では、すっかり「女性が好きな人にチョコレートを送る日」とされていますが、実はアメリカでは男性が女性を喜ばすために何かしてあげる日として定着しています。

http://www.flickr.com/photos/23249662@N03/12515187133

photo by Luke,Ma

また、なぜバレンタインデー=チョコレートなのでしょうか?

昔スペインではカカオは上流階級の人々の間で食されていました。
そんな人たちの間で、ココアとして飲むと体が温まる効果なども知られていたことから、「恋の媚薬」として言われる用になったんだとか。

 

 

ところで、バレンタインデー誕生のお話、ご存知ですか??
以外に、深いお話なのでここでご紹介させていただきます。

時は3世紀のローマにまでさかのぼります。

そのころ近隣との争いが頻繁に起こっていたローマでは、当時のローマ皇帝クラウディウス2世」が、
若者が戦争へ行った時、
愛する家族のために命を懸けて戦うことを躊躇しないように、
なんと若者に結婚してはいけない、という号令を下していました。

そんな中、愛し合う若者達が結婚できないというかわいそうな状況に見かねたキリスト教徒のバレンタインさんは、
ひそかに愛する若者同士結婚をさせてあげていました。

ところが、それが皇帝にばれてしまいます。

そして、2月14日に、バレンタインさんが罰として処刑されてしまいました。

 

それから時は過ぎ、約200年後のローマでは、くじ引きから恋人を選ぶという、風潮が流行り、社会が乱れ始めていました。
それを懸念したキリスト教会が、愛し合う恋人達のために命を張ったバレンタインさんにちなんで、この日を「恋人達が贈り物をしあう日」としたのがバレンタインデーの誕生秘話。

日本が今浮かれてやっているバレンタインデーからはまったく想像できない歴史があったんですね。

http://www.flickr.com/photos/98882751@N00/2827062969

photo by .craig

このような過去を知ることで、よりバレンタインデーに深みが増し、大切な人と一緒にいれるコトのありがたさに感謝できるようになるのではないでしょうか。

周りの人にもバレンタインデーの裏話、教えてかげてくださいね^^

 

 関連記事はコチラ▼

バレンタイン直前!どうせ渡すなら男をメロメロにしよう。チョコの渡し方Tips - lyricstravel