lyricstravel〜子育とSDGsと〜

子育てや、最近子供の未来のために大事だと思うSDGsから、何気ない日々のコトについて気ままに紡ぎます。 パンが好きです!よろしくお願いします。

育児はしんどいと思う時

 

子供を授かって、育てられるって、素晴らしいこと。

頭ではわかっている。

今、この胸の中にいる小さな姿は、あっという間に大きくなって、

 

小さな手、

その手に、ギュッと大事そうに握りしめているホコリ、

ビクッと寝ている時に動くしぐさ、

ぽんぽんのおなか、

万歳で両手をあげて寝る姿、

カニさんのように開いた足、

首にためたホコリ、

腕にできたムチムチのおだんごリング、

 

f:id:lyricstravel:20210114101039j:plain

そんな、いとおしい全ても、きっとすぐに過去になり、懐かしむ日がやってくる。

 

そして、この子の母でいられることを、誇らしく、嬉しく思いながら、

でも、やっぱり行きていると、時々、しんどくなる。

 

どんな時にしんどくなるか考えると、

子供とずっと過ごして、周りの人と話せなかったり、

夫の理解がなかったり、

ママ友付き合いにつかれた時。

 

産む前は、行き詰まったらどうしていたんだろう。

 

たしか、何か嫌なことがあったら、「もう嫌だ」って、

ちょっとリフレッシュに外に出でたり、

買い物したり、遠出したり、いろんなことをしてリフレッシュしていたんだっけ。

 

でも、それができない。

そう、

「もう疲れた」

と一瞬でも投げ出すなんてできないのだ。

 

大事な子育てを、投げ出したいなんて思わない、というのも事実。

でも、母親も人間で、時々そういう時間がないと、潰れそうになってしまう人もいるんじゃないかな。

周りにできることは、話しかけてあげたり、気遣ってあげること。

コロナで、あまりできないけれど、知らない街のおばちゃんからの、赤ちゃんの笑顔や、ママへの声かけが、ちょっとした救いになることだってあるはず。

 

コロナで引きこもることが多い今、

そんな風にふと感じたので、とりとめなく書いてみました。

 

ああ、でもやっぱり、この子の寝顔が、映画おが一番いやしてくれるのかもしれない。